保険適用外の治療

不妊治療には保険が適用されるものと、されないものがあります。それによって費用が大きく変わります。原因が病気である場合は病気の治療になるので保険が適用されます。しかし病気の手術以外の治療の場合は適用外となり、費用がかかります。

栄養の摂取

妊婦に必要な栄養をサプリメントで取ることができます。特に葉酸は毎日摂取することがいいとされています。食事だけ、サプリメントだけでなく食事を取った上で補助的にサプリを使うといいでしょう。

無事に赤ちゃんを迎えるためにも妊婦の栄養を補うならこちらの商品がおすすめです。長年愛され続けていますよ。

ピルとは

ピルを服用するメリットは確実に避妊ができることです。ピルは保険がきかないので値段は高いですが、望まない妊娠で中絶するより、ピルを服用して避妊することが大切です。また、人によっては副作用があるので医師と相談してみましょう。

費用の負担

不妊治療における助成制度とは

不妊治療にかかる総額の費用について皆さんは高いと思うでしょうか、それとも妥当であると思うでしょうか。まだ結婚していない、またはこれから結婚して家庭を築こうと思っている方などは、一概にこの不妊治療が無関係とは言えません。なぜなら、今の日本の夫婦で不妊治療を受けている割合は7組に1組と言われているからです。なので、不妊治療にかかる費用やその助成について、今から知っておくことはとても重要です。知らない方も多いとは思いますが、日本では不妊治療にかかる費用の助成制度があります。体外受精などでは、費用が高額になるので負担が重くなるからです。年齢制限や回数が決められていますが、各自治体や国に申請をすれば、受給することができて負担がかなり減ることになります。

どのような人がこの助成制度を積極的に活用すべきか

上で説明したように、不妊治療には国や地方自治体からの助成制度というものが使えます。この助成制度が適用されるのは、いわゆる高度生殖医療を受けるときです。なので、初歩的なタイミング療法や投薬治療では受けられないことに注意です。しかし、これらの治療は健康保険が適用できるので負担は減ります。一方で、体外受精などの不妊治療ではこの健康保険が適用されないので、その場で支払うお金は全額必要になりますが、きちんとその後で申請をすれば助成を受けることができます。なので、必然的にこの助成制度を活用できるのはこのような、体外受精や顕微鏡受精などのような治療を受けている方になります。今はまだ、タイミング療法などのような初歩的な治療を受けている方でも、更に高度な治療を受ける可能性もあるので、前もって調べて準備しておいた方が安心です。