保険適用外の治療

健康保険が適用されない不妊治療も

不妊治療は、まずは検査によって不妊の原因をある程度絞り込んでから、それに適した方法でおこなわれます。したがって不妊治療の内容やかかる費用は、原因によって異なると言えます たとえば子宮筋腫があり、それが受精卵の着床の妨げとなっている場合には、それを摘出するという不妊治療がおこなわれます。この場合は健康保険が適用されるので、入院費用も含めてトータルで10万円ほど支払うことになります。加えて高額療養費制度の対象となるので、約8万円を超えた部分は、後日返金されます。 しかし、子宮筋腫の場合は病気の治療なので健康保険の適用内ですが、体外受精などは病気の治療とは言えないため、自費での支払いとなります。何度もチャレンジしているうちに、トータルで数百万円もの費用がかかったという人も少なくありません。 しかし昨今では少子化が進んでいて、子供の数が少ない分、1人あたりに多くの費用をかける夫婦が増えてきています。そのため高額の支払いが必要でも、不妊治療によって子供を授かることを希望する夫婦もまた、増えていくと予想されています。

助成金を年に2回受け取ることができます

ただし排卵期を特定し、その時期に性交渉をおこなうことで妊娠しやすくするというタイミング療法は、健康保険の適用内となります。また、排卵を誘発する排卵促進剤の投与も、健康保険の適用内となっています。したがってどちらも、3割程度の費用負担で済むのです。 また、体外受精などの高度な不妊治療をおこなう場合には、助成金制度を利用することが可能になります。年収730万円以下などの条件を満たしていれば、10万円の助成金を年に2回受け取ることができるのです。 不妊治療の費用を安く抑えるためには、基本的には健康保険適用内での治療を進めていき、それ以上の高度な治療は年に2回までのチャレンジとするといった形で工夫することが必要です。