ピルとは

ピルってどういうもの?

ピルとは経口避妊薬のことを指します。ほぼ確実に避妊が可能なので、望まない妊娠を避けることができます。また、ピルは飲むことによって月経周期が一定になり、続発性無月経などといった病気の治療薬ともなります。 ピルを日本で入手するには医師の処方箋が必要となるので、産婦人科や内科を受診して処方箋を発行してもらいましょう。また、ピルの処方は保険がききません。そのため実費診療です。 まず初回に検査が必要となるので、1万円前後。ピル自体の費用は1か月に1シート2000〜3000円程度になっています。 お金がかかるという理由でピルを服用することを躊躇する人もいますが、望まない妊娠によって中絶をすれば心に深い傷を負うこととなってしまうでしょう。しかし、服用することによって副作用を起こす場合もあるので、よく考えた上で使用することをおすすめします。

ピルによる生理痛軽減

一般的にピルというものは避妊のために用いられてきた歴史がありますが、欧米などでは生理不順や生理痛の軽減のために用いられています。 ピルというのはホルモンの分泌をコントロールすることによって整理の時期を意図的にずらすことができる画期的な薬です。 また、ホルモンの分泌をコントロールすることができるとあって、生理痛の痛みを軽減することができます。ピルを飲むことによって生理痛を軽減したり、または生理不順を治療しているする効果をもたらします。最近では、ピルの服用とコンドームの使用によって確実に避妊をすることができるようになりました。日本ではまだまだピルの服用が普及しているとはいえませんが、若い人の間で広がっています。